【おすすめ】REIT投資はおすすめ?メリット・デメリットを解説!

将来の資産形成のため、投資を始める人が増えています。これから投資をはじめようと考えている人の中には、REIT(不動産投資信託)に興味がある人も多いのではないでしょうか。

しかし、REITとは一体どのようなものかわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、REITの仕組みや、REITへ投資するメリット・デメリットを詳しく解説します。

目次

REITとは

REITReal Estate Investment Trust)とは、多数の投資家から集めた資金で不動産(マンションやオフィスビル、商業施設など)を購入し、賃料収入や売却益などを投資家に還元する金融商品です。

REITのメリット

REITへ投資するメリットは、以下の4つです。

  • 不動産投資と同じ効果が得られる
  • 少額から投資できる
  • リスクを分散できる
  • 安定収入が得られる

それぞれ詳しく解説します。

不動産投資と同じ効果が得られる

REITは、REITを運営する投資法人や証券取引所、証券会社などを介して投資を行います。

投資法人が不動産を保有し、家賃収入などの運用益を投資家に分配金として還元する仕組みです。複数の法人を経由しますが、基本的には不動産投資と同じ効果が得られます。

少額から投資できる

不動産への直接投資は、銀行から融資を受ける場合でも数十万円から数百万円の初期費用が必要です。

しかし、REITは小口化して証券取引所に上場しているため、一口数万円から数十万程度で買付できます。不動産投資と比べて少額から投資できます。

リスクを分散できる

不動産投資では、複数の不動産を保有するにはかなりの資金が必要です。そのため、不動産への直接投資ではリスクを分散させるのは困難です。

一方、REITを運営する投資法人は、多くの不動産を保有しています。少額で複数の不動産に投資していることになるため、高いリスク分散効果を享受できます。

安定収入が得られる

投資法人によって多少差がありますが、REITは不動産収入のほとんどが投資家へ分配される仕組みとなっています。

一般的な上場株式の配当金とは仕組みが異なるため、比較的安定した分配金を受け取れます。

REITのデメリット

REITへ投資するデメリットは、以下の3つです。

  • 不動産市況に左右される
  • 分析が難しい
  • 運用コストがやや高い

それぞれ詳しく解説します。

不動産市況に左右される

REITは不動産市況や金融市況の影響を受け、価格が変動するリスクがあります。また、分配金利回りが比較的高いですが、市況の悪化により分配金が減少するリスクも含まれます。

預金とは異なり、元本が保証されていないことを頭に入れておきましょう。

分析が難しい

REITの銘柄を選択する際に、最もわかりやすい指標は分配金です。しかし、分配金の利回りだけで判断するのはリスクが高いといえます。各銘柄が開示している有価証券報告書や決算短信をもとに、ファンダメンタルズ分析を行いましょう。

しかし、投資経験が少ないと分析が困難です。有価証券報告書や決算短信の見方だけでなく、分析するための指標なども勉強する必要があります。

運用コストがやや高い

REITの取引は証券会社を介して行うため、売買手数料などのコストがかかります。証券会社によってかかるコストには差がありますが、売買手数料のほかに口座開設料や口座管理料などもかかる場合があります。

また、価格上昇による売買益や受取分配金には税金(20.315%)がかかることにも注意が必要です。

REITをおすすめできる人

REITの仕組みやメリット・デメリットを踏まえて、REITをおすすめできる人は以下のような人です。

  • リスクヘッジしたい人
  • 不動産市況に精通したい人
  • 安定した収入が欲しい人

リスクヘッジしたい人

投資初心者は、なるべくリスクを抑えて投資したい人が多いでしょう。「リスク分散効果の高さ」がREITのメリットなので、リスクヘッジしたい人に向いているといえます。

不動産市況に精通したい人

投資を始めると、自分の資産に関係があるニュースや情報などを見るようになります。REIT投資を始めれば、不動産に関する情報に触れる機会が多くなるでしょう。

知識を持つと不動産業界での視野が広がる可能性もあるので、不動産市況に精通したい人に向いているといえます。

安定した収入が欲しい人

投資の世界では必ずリスクが存在しますが、REITは株式投資などに比べるとリスクが低いとされる投資先です。

REITは定期的に分配金を受け取れるため、ある程度安定した収入が欲しい人には向いているといえます。しかし、安定した収入が確約されているわけではありません。リスクをしっかり把握して取引しましょう。

まとめ

資産運用のひとつとして注目されているREITですが、さまざまなメリット・デメリットが存在します。

REIT投資を始める際は、メリット・デメリットをしっかり把握してから取引を始めましょう。

お問合せ

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる