プライベート・バンクはいくらから利用できる?

CATEGORY:証券会社

資産運用の相談を検討していると、プライベート・バンクというキーワードをよく目にすると思います。

まとまった資金を本格的な資産運用を実践している方であれば、実際にプライベート・バンクとお取引のある方もいらっしゃるはずです。

日本においても、証券会社、銀行、信託銀行の中にプライベート・バンク部門があります。

今回は、プライベート・バンクについて解説します。

目次

●プライベート・バンクとは

プライベート・バンク(Private・Bank)とは、スイスで発祥した銀行の形態といわれており、世界中の富裕層をターゲットに、顧客の資産保全と資産運用を主な業務としています。

プライベート・バンクでは、長期にわたり、専属の担当者によるさまざまな資産運用のサポートが受けられるのが魅力です。

●プライベート・バンクはいくらから利用できるのか?

プライベート・バンクはいくらから利用できるのでしょうか。

それぞれのプライベート・バンクからは、明確な資産基準などは公表されていません。

一般的には、日本のプライベート・バンクの場合は資産3,000万円以上、海外のプライベート・バンクは資産1億円以上が目安といわれています。

●代表的なプライベート・バンク

日本にあるプライベート・バンクは、主に外資系と日系とに大別されます。

○外資系投資銀行の富裕層部門

プライベート・バンクはスイスが発祥といわれており、世界的にはスイスやアメリカなどの外資系投資銀行のシェアが大きくなっています。

それでは、日本で活動しているプラベート・バンクを2社ご紹介します。

1社はUBS証券です。スイス本店の世界ナンバー1の資産運用額となっているプライベート・バンクです。

UBS証券は三井住友銀行との合弁会社を設立するなど、日本の富裕層市場に積極的に進出しています。

もう1社はクレディ・スイス証券です。同じくスイス発祥の金融機関であり、様々なサービスを提供しています。

○日系証券会社の富裕層部門

日本の証券会社にも富裕層部門として、プライベート・バンク部門があります。

最大手の野村證券のプライベート・バンクでは、富裕層限定ラップ口座の野村SMAや、野村証券が取り扱うIPO銘柄の優先的割り当てなどが提供されています。

また、大和証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券でも、野村証券と同様のサービスが展開されています。

○富裕層特化型のIFA

IFAとは「Independent Financial Advisor」の頭文字の略称で、独立系ファイナンシャルアドバイザーと呼ばれており、顧客から資産運用に関して相談を受ける「資産運用のプロ」です。

IFAの強みは文字通り、「独立系」であることから、証券会社の営業担当者とは異なり、ノルマや証券会社の販売方針などの制約がなく、顧客に寄り添ったアドバイスが受けられるのが強みです。

近年、富裕層特化型のIFAがあり、プライベート・バンクに近い専門的な資産運用アドバイスが受けられるのが特徴です。

●まとめ

今回は、プライベート・バンクについて解説しました。

近年、プライベート・バンクのような存在で、IFAを利用される方が増えています。

ある程度まとまった資金を運用したい方は、富裕層特化型のIFAに相談されてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる