証券会社の担当者の転勤事情とは?何年毎に入れ替わるのか

証券会社

2021/11/5

証券会社では、担当者が転勤になった場合ほかの担当者に交代します。


 


ようやく担当者との信頼関係が築けたと思ったら転勤してしまうといったことも多々あるのです。証券会社で取引をしている人の中には、担当者の転勤事情が気になる方も多いのではないでしょうか。


 


そこで今回は、証券会社の転勤事情や、担当者に代わって欲しくない場合はどうしたら良いのかをお伝えしていきます。


 


●証券会社の担当者の転勤事情



担当者の転勤事情は証券会社によって異なりますが、以下の2つがおおよその目安となります。


 


・2年〜5年で転勤する場合が多い
・異動のタイミングは年2回〜3回


 


それぞれ解説します。


 


○2年〜5年で転勤する場合が多い


会社や部署によっても異なりますが、証券会社の担当者は2年~5年で転勤する場合が多いです。


 


特に、全国に支店や営業所を持つ大手証券では、転勤頻度が高い傾向にあるようです。証券会社によって転勤の頻度はさまざまで、場合によっては1年未満で転勤するケースもあり、反対に10年近く同じ支店に留まるケースもあります。


 


転勤の理由は、各証券会社の都合によるため憶測の域を出ませんが、例えば以下のようなことが考えられます。


 


・担当者の営業成績が悪いため
・担当顧客の損失が拡大しているため
・離職率を下げるため
・栄転のため
・さまざまな支店や営業所を経験させるため


 


担当者の営業成績が悪い場合、会社としては成績を上げる方法を考えなければいけません。成績を上げる手段のひとつが転勤です。営業成績が良い場合は、支店長などが転勤させたくないと思うため、同じ支店に長く留まるケースもあるようです。


 


顧客の損失が拡大している場合は、他社に預かり資産を移管してしまう可能性があります。担当者を代え、「次の担当者なら期待できるかもしれない」と顧客に思わせ、資産の流出を防ぐことが狙いです。


 


証券会社は、一般的に離職率が高いと言われています。離職率が高い理由のひとつとして、顧客には法人や会社経営者なども多く、優秀な人材ほど引き抜かれる傾向にあることが挙げられます。一人が長く担当すると信頼関係が築けますが、その結果離職につながる場合も多いようです。


 


栄転については、管理職の場合が多いと言えます。「営業成績が悪い支店を立て直す」などといった重要なポストを与えられ、転勤するケースです。また、若手のうちは様々な支店や営業所を経験させるために、異動が多くなる傾向もあります。


 


○異動のタイミングは年2回〜3回


異動のタイミングは年2回~3回です。人事異動は、決算期である3月や9月に実施する証券会社が多く、4月1日付、10月1日付で着任となる場合が多いでしょう。


 


下半期の動きに合わせて、7月頃に異動を命じる証券会社もあります。しかし、各証券会社の事情によっては、そのほかのタイミングで異動する場合もあります。


 


基本的には3月や9月、7月に異動となるケースが多いですが、異動は常にあり得ると思っておきましょう。


 


●担当者に代わって欲しくない場合



信頼できる担当者の場合、担当を代わって欲しくない場合もあるでしょう。


 


しかし、担当者は転勤先でも顧客を預かるため、基本的にはほかの担当者が付きます。どうしても担当者に代わって欲しくない場合は、以下の2つを試してみましょう。


 


・会社に連絡してみる
・独立しないか尋ねてみる


 


それぞれ解説します。


 


○会社に連絡してみる


担当者に代わって欲しくない旨を、証券会社に連絡して伝えてみましょう。証券会社によっては、ある程度融通が利く可能性があります。


 


転勤自体を止めることは難しいですが、例えば、「担当者の転勤先に証券口座を移管して付き合いを続ける」といったことなども可能です。


 


しかし、転勤先が遠方の場合は電話等でのやり取りが中心になり、各種手続きなどが面倒になる可能性もあるので、注意が必要です。


 


○独立しないか尋ねてみる


担当者が転勤ではなく、証券会社を退職し、独立する可能性もあります。


 


昨今、証券会社等の金融機関を退職後、FP(ファイナンシャルプランナー)やIFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)などといった資産運用の専門家として独立するケースが増えています。


 


FPは資産に関する総合的なアドバイスを提供する専門家、IFAは金融機関から独立して金融商品を個人投資家に紹介する専門家のことです。FPやIFAなどで独立する場合、証券会社で担当した顧客とのつながりを残す場合があります。


 


しかし、表立って証券会社から顧客を引き抜くわけにはいかないため、顧客側から聞かれなければ独立を伝えない場合が多いでしょう。


 


現在の担当者がFPやIFAなどの専門家として独立するなら、今後も付き合いを継続できるかもしれません。一度、担当者に独立しないか尋ねてみましょう。


 


●まとめ


証券会社では、遅かれ早かれ担当者が代わります。


 


転勤の頻度やタイミングなど、事情を把握しておきましょう。また、優秀な担当者とは付き合いを継続できるよう、本人や会社に相談してみるのも有効です。

この記事の関連記事

資産運用のプロの探し方!最適なアドバイザーに出会う方法

大切な資産運用は、信頼できるプロのアドバイザーを頼みたいはず…

大切な資産運用は、信頼できるプロのアドバイザーを頼みたいはず…

証券会社のサービス別手数料の種類を徹底解説

証券会社での取引やサービスの利用には、それぞれに手数料がかか…

証券会社での取引やサービスの利用には、それぞれに手数料がかか…

証券会社の使い分けはメリットがある?考え方とおすすめできる人を解説

証券会社は数多く存在し、それぞれに特徴があります。証券会社の…

証券会社は数多く存在し、それぞれに特徴があります。証券会社の…

証券会社の担当者の転勤事情とは?何年毎に入れ替わるのか

証券会社では、担当者が転勤になった場合ほかの担当者に交代しま…

証券会社では、担当者が転勤になった場合ほかの担当者に交代しま…

損失補填?断定的発言?証券会社で禁止されていることとは?

証券会社では、さまざまな禁止事項が金融商品取引法などによって…

証券会社では、さまざまな禁止事項が金融商品取引法などによって…

証券営業のノルマを解説!売買手数料と預かり資産

証券会社の営業には厳しいノルマがあります。証券営業にはどのよ…

証券会社の営業には厳しいノルマがあります。証券営業にはどのよ…

証券会社が潰れたら資金はどうなる?手続きも解説

「証券会社が潰れてしまったら、預けていた資金はどうなるの?」…

「証券会社が潰れてしまったら、預けていた資金はどうなるの?」…

証券会社の営業時間は何時まで?営業時間後に連絡する方法

株式を売買したい場合やマーケットの動向を知りたい場合など、証…

株式を売買したい場合やマーケットの動向を知りたい場合など、証…

新着記事

いくらから?金額別の資産運用のポイントを解説!

老後の不安などから資産運用について興味をお持ちの方も多いので…

株式投資で1,000万円を運用する時の利益と注意点とは?

将来の資金の不安から、株式投資を検討する方も多いのではないの…

【要チェック】インデックスファンドの選び方!レベル別の選び方を解説

将来の資金の不安や資産形成のために、投資信託などに興味をお持…

資産運用のプロの探し方!最適なアドバイザーに出会う方法

大切な資産運用は、信頼できるプロのアドバイザーを頼みたいはず…

【おすすめ】REIT投資はおすすめ?メリット・デメリットを解説!

将来の資産形成のため、投資を始める人が増えています。これから…

証券会社のサービス別手数料の種類を徹底解説

証券会社での取引やサービスの利用には、それぞれに手数料がかか…

証券会社の使い分けはメリットがある?考え方とおすすめできる人を解説

証券会社は数多く存在し、それぞれに特徴があります。証券会社の…

証券会社の担当者の転勤事情とは?何年毎に入れ替わるのか

証券会社では、担当者が転勤になった場合ほかの担当者に交代しま…

損失補填?断定的発言?証券会社で禁止されていることとは?

証券会社では、さまざまな禁止事項が金融商品取引法などによって…

証券営業のノルマを解説!売買手数料と預かり資産

証券会社の営業には厳しいノルマがあります。証券営業にはどのよ…